第8回スポーツデータ解析コンペティション

12月23日,統計数理研究所にて開催された第8回スポーツデータ解析コンペティション審査会のポスターセッションに参加し,ゼミ生らの研究成果である「内野手守備範囲の時系列的解析」(金井,金友,奈須)について発表を行いました.このコンペは今回で3回目の参加になりますが,参加団体数もかなり増えてきて,また興味深い発表も非常に多かったように思います(ビックリするようなものもありました).我々はエントリーをしませんでしたが,インフォグラフィック部門も学生ならではの斬新なアイデアに基づくものが多く,刺激を受けました.(2018年12月24日)


ACMLC 2018@Ho Chi Minh City


12月7~9日にかけて Ho Chi Minh にて開催された 2nd Asia Conference on Machine Learning and Computing (ACMLC) に参加し,トラベルサイトのレビュー評価手法について論じた研究成果の報告を行いました.本学会は情報推薦やセキュリティに関する基調講演のほか,アジアを中心に 50近くの研究発表があり,小規模ながら大変活発な国際会議でした.また,本会議ではベストプレゼンテーション賞を受賞することもでき,バンケットで表彰式が行われました.(2018年12月9日)

ゼミ合宿@秩父

9月5日~7日にかけて,ホテル美やま(秩父)にてゼミ合宿を行いました.3,4 年生あわせて 17名の参加でした.今年度は3,4年生合同チームでのテーマが多いのですが,事前によく準備・検討された発表が多かったように思います.今後の展開が楽しみです.また,美の山公園から見た夜景がきれいでした.参加したみなさん,お疲れさまでした.なお,肝心の発表の際の写真は撮り忘れました.毎度すいません.(2018年9月8日)

経営情報学会ポスターセッション学生優秀発表賞受賞

6月28日に横浜ランドマークタワーにて開催された経営情報学会「PACIS2018 主催記念特別全国研究発表大会」ポスターセッションにおいて,岩手県立大学と本ゼミの茂木君の共同研究成果「購買履歴に基づく顧客ロイヤルティの強さと変化傾向の評価指標の提案」(佐々木誠治, 茂木雅祥, 高島悠佑,  白井康之,後藤裕介)が学生優秀発表賞を受賞しました.本成果は,平成29年度データ解析コンペティション DB部会において優秀賞を獲得した成果を一部アップデートしたものです.(2018年6月28日)

経営情報学会春季全国研究発表大会

2018年3月8~9日に筑波大学東京キャンパスにて開催された経営情報学会春季全国研究発表大会において,当ゼミより以下の2件のポスター発表を行いました.「空間と人間の拡張技術の将来的普及と思考・生活への影響に関する考察」(長谷部有玄,井上航),「時系列と地域別に見たオンラインゲームのトレンド分析」(田代智也,奈須純平,山岸新).いずれも発展途上の研究ではありますが,いろいろなコメントもいただき,また他大学の発表なども良い刺激になったと思います.今後に向けて参考にしてもらえればと思います.(2018年3月10日)